Interview

Interview

長屋なぎさ さん

ジュエリーは、“エッセンス”のようなもの

時代の空気感をキャッチしながら自分らしく輝く、ライフスタイルプランナーの長屋なぎささん。
ファッションやライフスタイルにブレないポリシーのある彼女が纏うのは、リングとしてもイヤーカフとしても楽しめるトレンド性の高い〈Ring Cuff〉コレクション。
自分の“好き”だけを集めて丁寧に暮らす長屋さんにとって、ジュエリーを携える理由とは。

バイカラーを選んで、トレンドをひとふり

「普段身につけるジュエリーは、バイカラーを選ぶだけで今っぽいムードになります。イヤーカフやレイヤードも、“今”の抜け感を表現できますね」。ファッション感度の高さが窺える、長屋さんの第一声。トレンドを取り入れながらも、自分らしさは決して損なわない。スタイルを構築してきた人だけに備わる二面性が、2つの表情を奏でるリングカフと巧みに絡まる。「かっちりとしたジャケットには、あえてボリュームのあるジュエリーで外して、こなれた感じを出しました。ダブルリングカフは、2本の指に渡ってつけるのがとてもユニークで、イヤーカフにしても存在感たっぷり。ひとつあるだけで、今年らしいスタイルに仕上げてくれるのが嬉しいです」。

Ring Cuff
22,000円(税込)
SV925+PT/YGコーティング

旬のジャケットスタイルに、さらりと纏うパール

リングをレイヤードしているようなクロスしたラインに、パールがあしらわれたリングカフは、旬のジャケットスタイルに、さり気ない女性らしさを漂わせる。「ジュエリーは、“エッセンス”のようなもの。シンプルな服にこなれ感を生んだり、なりたい雰囲気へ近づけてくれたりするから、私には欠かせないアイテムです」。長屋さんにとってのパールは、パーソナルなつながりを感じさせるものでもある。「人生の節目に母からジュエリーをプレゼントしてもらうことが多くて。二十歳のときに、これから大人になる私に持っていて欲しいという思いを込めて贈ってくれたパールのジュエリーは、ずっと大切に使っています。ジュエリーはその輝きとともに、美しい思い出が残るのがいいですよね」

Ring Cuff
13,200円(税込)
SV925+YGコーティング、淡水パール

チャレンジはしても、無理して背伸びはしない

27歳でフリーランスのライフスタイルプランナーとしてキャリアをスタートさせた長屋さん。自分で道を切り開くその姿は、まさに自立した女性そのもの。「“私である意味”を残したいと思って仕事をしています。私と仕事をしたからこんなものが生まれたよね、と言ってもらえて、私自身もそう思えたらハッピーだなと。そのためには、できないことはできないとはっきり伝えます。無理だということではなく、『苦手な部分は補ってもらえますか』と、はじめに伝えて理解してもらったうえでご一緒します。無理して背伸びをすることはしません」。彼女の柔軟なバランス感覚と芯の強さに、〈Ring Cuff〉コレクションの着想源のひとつ“自然体な女性らしさ”を感じずにはいられない。

Ring Cuff
9,900円(税込)
SV925+YGコーティング

ITEM

リングとイヤーカフの2WAYで楽しめる〈Ring Cuff〉コレクションの新作は、“それひとつでレイヤードスタイルが叶うジュエリー”。「新しい光」や「自然体な女性らしさ」を着想源にデザインされ、繊細な地金のラインと程よいボリューム感が絶妙なバランスをキープする。春の装いがブラッシュアップするトレンド感も魅力。

1. Ring Cuff
22,000円(税込)
SV925+ PT/YGコーティング

2. Ring Cuff
25,300円(税込)
SV925+YGコーティング、キュービックジルコニア

3. Ring Cuff
12,100円(税込)
SV925+PT/YGコーティング

4. Ring Cuff
13,200円(税込)
SV925+YGコーティング、淡水パール

5.Ring Cuff
9,900円(税込)
SV925+YGコーティング

長屋なぎさ

アパレルブランドでECやPRを担当したのち、ライフスタイルプランナーとして独立。ビジュアル監修やアパレル代理店業務、商品企画など企業とのコラボレーションを中心に活動。麹クリエイター、麹マスターとして食の活動にも力を注ぐ。
Instagram @nagisanagaya

Next 2020.3.02.Mon.

次回は3月2日(月)公開予定。
長屋さんのインタビュー後編をお届けします。
どうぞ、お楽しみに。

STAFF

  • model:NAGISA NAGAYA
  • photography:HIROKI WATANABE
  • text:AYAKO TAKAHASHI
  • edit : SELEK

Related Articles