ete ETERNALING(R)

MENU

Philosophy

Craftmanship

ETERNALING(R)のコンセプトのもと、
これから重ねていく日々に永く寄り添えるように、
0.1ミリのディテールにこだわったエターナリングを作り上げています。
永久保証のアフターメンテナンスも、職人の手でひとつひとつ施します。

Engraving
 Service

リングの内側に、お名前や大切な記念日を刻印いたします。
デザインにより刻印方法・お選びいただけるフォントが異なりますので、
お気軽にスタッフへご相談ください。

Diamond

ダイヤモンドの品質は、Cut(カット:形と磨きの正確さの等級)、
Carat(カラット:重さ)、Color(カラー:色の等級)、
Clarity(クラリティ:透明度の等級)の4つの国際基準で評価されます。

Cut

カットはダイヤモンドの輝きを引き出す一番大切な要素です。
ダイヤモンドの持つ高い屈折率と、
光を屈折させる方向を活かして繊細にカットされ、
磨かれて、正確な角度と理想のプロポーションに仕上げられた時、
はじめてダイヤモンドは最も美しく輝きます。

EXCELENT | VERY GOOD | GOOD | FAIR | POOR

eteではEXCELLENTのみを厳選しています。

Carat

カラットは0.2gを1カラット(ct)とするダイヤモンドの重さを表す単位です。
カラット数はダイヤモンドの価値を決める大事な要素のひとつですが、
カラーやクラリティ、カットの品質とも密接に結びついています。

0.20ct | 0.25ct | 0.30ct | 0.35ct | 0.40ct | 0.45ct | 0.70ct | 1.00ct

eteでは、エンゲージリングのデザインを
活かしたセッティングに最適なカラット数として、
0.1カラット以上のダイヤモンドに限定しています。

Color

ダイヤモンドにとって最高の色とは、無色。
無色透明なものほど希少性が高く、その価値も高くなります。
このうち純粋に無色なものをDカラーとし、
以下E、F、G、H・・・Zまで分類、評価されます。

D E F 無色 | G H I J ほとんど無色 | K L M わずかな黄色 | N-R 非常に薄い黄色 | S-Z 薄い黄色

eteでは、無色に分類される
D、E、Fの3つのカラーだけを厳選しています。

Clarity

ダイヤモンドはその透明度によって
いくつかのカテゴリーに分類、評価されます。
専門家が10倍のルーペで鑑定を行い、
インクルージョン(内包物)の有無、位置、種類、数などを
総合的に判断してクラリティの評価が決まります。
G.I.Aシステムでは、クラリティのランクは
フローレス(FL:インクルージョンが全くない)を最高とし、
肉眼でインクルージョンが見えるIランクまで11段階に分類されます。

FL 無傷 | IF 内包物なし | VVS1 ZZS2 微小な内包物 | VS1 VS2 ごくわずかな内包物 | S11 S12 わずかな内包物 | 11 12 13 顕著な内包物

eteではVVS1、VVS2、VS1の3つに限り、
石の選定を行っています。
(ラウンドカットに限ります)

After Service

eteでは、エターナリングがいつまでも輝き、
そして安心してお使いいただけるよう、永久保証をお約束しています。

  • クリーニング
  • サイズ直し
  • 刻印
  • 石が外れてしまった場合の留め直し
  • 変形してしまった場合のお修理

※状態やお修理内容により有料となる場合もございます
※アフターメンテナンスの際は、ご成約時にお渡しさせていただく
ご購入証明書をご提示いただく必要がございます